タイピングが趣味のおはようのホームページ。"A GOGO"は、"~し放題"の意味。

スポンサードリンク


まるでピアニストの様だ!電子系男子頂上決戦タイピング大会!!

いいね!LANDというサイトに2015/11/10付でアップされていたのでご紹介。

リンク先自体はYoutubeにアップされている面白動画に面白そうなタイトルをつけてるだけのサイトなので、Youtube面白動画に興味がある人は訪問してみてください。
(個人的にはなんとなくいいね!したくないサイトに感じます。いいね!すると個人情報を集められる気がするので・・・)

当記事にもYoutubeリンクを貼ってますので、安心して視聴ください。

  

動画自体は、わたしとしては既に閲覧済みのものです。
タイパーの多くは見たことあるのではないかと思います。

Ultimate Typing Championshipは2010年にアメリカで行われたタイピング大会です。
公式サイトは ⇒ こちら
優勝賞金は$2000ドル(日本円にして約25万円)。
DasKeyboardという企業がスポンサーになっています。

あまり聞き馴染みのないメーカーですが、Amazonにありました。約4万・・ちょっと高い。
(公式サイトだと廉価モデルは$109なので、直接購入も考えるべきかな?)
動画に写っている参加者が着ているTシャツにもDasKeyboardと書かれていますね。
(タイピングサミットで、InterstenoのTシャツを着ていた参加者がいたのを思い出します。)
【関連記事】タイピングの国際大会インテルステノを知ってる?公式動画を見てみよう!

また動画の中で使われているサイトですが、typrXというサイトのようです。(公式サイトからリンクがありました。)
typrX

デザイン的にはTyperacerに似てるかな。typrXのサイト一番下にMetadot(DasKeyboard)の制作と書いてあります。

個人的な動画を視聴した感想
やっぱりタイピング大会って憧れますね。
【関連記事】200人規模のタイピング大会ってどんな感じになるんだろ?CODE FESTIVALを参考にしてみる。

プロ野球選手の賭博が問題になっていますが、日本では賭博が禁止されています。
賞金つきの大会というのはスポンサーがいなければ成り立ちません。

わたしは競馬・競輪・競艇など公営ギャンブルなんでも好きなんですが、
タイピングにおいてPFU杯、東プレ杯、ロジクール杯、ニコニコ動画杯なんていうのが開催されている世の中を妄想してしまいます。

麻雀なんかだと天鳳なんてサイトもありますし、オセロだと対戦コブラなんていうiアプリもありました。
iアプリという言葉自体がすごく懐かしい。。)

タイピングってマイナーだけど、タイピングしない人ってもう若者だと少ないし人口的には多いと思います。
またパソコンやインターネットに興味を持つと、タイピングに一時的にハマる人は多いでしょう。

タイピング版の天鳳が欲しいなんて考えちゃいますね。
しっかりレベルに応じた対戦相手の見つかるタイピングサイト。
バトタイやTyperacerなんかもありますが、もっと天鳳くささが欲しい。(表現下手すぎ;;)
【関連記事】生主とタイピング対決!ニコニコ北斗の拳百烈MAXに生主之間登場!!
【関連記事】<タイパーVS巨人>進撃の巨人~盤打~ATTACK ON TYPING<心臓を捧げよ!>



新しいタイピングゲームサービスってのはパラパラ出てくるけど
キャラクターじゃなくてもっと純粋にタイピングでハマるゲームが出てきてほしい。

ブログ記事として、入口で出口が全然違う内容になってしまって申し訳ない(汗
書きたいことを思いつくまま書こうとすると、こんな状態になってしまうことが最近多く、妙にブログ執筆速度も遅くなってしまってます。(投稿するボタンを押すことを躊躇う。)とりあえず思いつくまま書いていこうと思います。こんな状態ですがタイパーのみなさん、成長を見守ってください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット