タイピングが趣味のおはようのホームページ。"A GOGO"は、"~し放題"の意味。

スポンサードリンク

【5倍速プレイ】タイピングオブザデッド【第1章撃破】投稿したよ。twitterなどでの宣伝大歓迎です。


解説は追記に。
クリア動画だけ見るとそこまで難しそうじゃないけど、
実際にはクリアまで1時間くらいかかりました。

今回、5倍速でプレイして改めて第1章の解説をしてみたいと思います。
(なかなか1面だけプレイするということは少ないので。)

①アイテムや斧など1文字関係。
5倍速では、アイテムとるのは厳しい。
ホームポジション人差し指の"F"と"J"を連打して取れることを期待してみる。

斧の場面では、斧だけに集中した。ゾンビ本体のワードも取れなくはないけど、
一瞬の判断ミスで、ダメージを喰らう。

男性救出失敗後、カエルの3文字
多いのは、ABC、XYZ、NHK、H2O(水の化学式)、ABO(血液型:はじめ意味分からず、0(ゼロ)かO(オー)か見分けつかなかった。)、123、!?\、そして動画中に出たTBS。TBSは滅多に出ない気がする。

!?\の記号は、ワード中出現も含め、5倍速プレイでは厳しかった。

MISSION前のアイテム(特殊ワード出現が多い)はFとJがやっぱり多い気はするけど、
取らない方が得策。取るとMISSION中のワード長が長くなる。

②ボス、ジャッジメント(クアール&ズイール)
ワードに飛び回られるとよく読めない世界。

コンティニュー画面で、カウントダウン6を下回ったあたり(ズイールが腕を広げるジェスチャーをし出した以降)で、コンティニューするとボスに1ダメージ与えられる。すぐコンティニューするとダメージ与えられない。
↑皆さん知ってました?普段、コンティニューする場面がほぼ無いため、知りませんでした。

③難易度調整
倍速プレイでは、恐らくこれが鍵になります。

相手からダメージを受けることで難易度が下がるのを利用。
第1章攻略の最大の鍵は、ボス前の最後の敵でダメージを敢えて喰らうということです。

これをすると、しないでは、ボス戦でのワード長がだいぶ違いました。

以上です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック