タイピングが趣味のおはようのホームページ。"A GOGO"は、"~し放題"の意味。

スポンサードリンク

昨日はお財布.comのお財布タイピングで10分間でどれだけ稼げるか検証してみましたが、
ABCDtaskの名刺入力を10分間検証してみました。

ABCDtask(AnyBody Can Do Task)とお財布タイピングの違いについて

1.入力内容について

お財布タイピングは、選択ワークと入力ワークに分かれている。
ABCDtaskは選択ワークと入力ワークを同時に行う。

ABCDtaskの方がめんどくさそうに感じるが、実際にはそれほど負担ではない。

例えば、「マネージャー」という文字を見て「役職」だと認識する時点で、
タイピングする文字列もすでに認識できているからである。
Ctrl + Yで選択後すぐに入力を開始することができる。

2.報酬について

お財布タイピングは、1入力につき0.1円(1日の順位によりボーナスポイントあるが、通常は0.105円程度)
(1位を確保できるなら0.13円くらいにはなりそうだが、そのためには7~8時間必要か。)
ABCDtaskは、1入力につき0.08円~0.16円

ABCDtaskは、入力の報酬にばらつきがある。0.08円、0.12円、0.16円のどれかになる。

10入力ごとに、基本報酬0.08円の×1、×1.5、×2となる。
4日間やった感想では、おそらくランダムだろうと感じています。

このゲームのポイントとしては、10入力のきりがいいタイミングでやめるということ。
9入力では、1.5倍あるいは2倍になるチャンスを自ら捨てることになる。

現時点では、ABCDtaskの方が報酬がいい印象だが、
今後ゲーム性の改悪などあれば変わってくる可能性もある。

3.判定について

ABCDtaskはお財布タイピングと比べて、判定が遅い。(下手すると1日後)
また、判定のポイントもやや不明。

判定のポイントは、もう少しはっきりすれば、打ち手側もやりやすいんだけど・・・
もし余裕があったら、問い合わせから質問をまとめてしてみたいと思います。

4.換金性について

お財布タイピングは、現金換金手数料150円
ABCDtaskは、現金換金手数料500円(ただし、現在は無料のよう。)

最低換金額は、お財布タイピングが300円、ABCDtaskが3000円

また換金頻度は、ABCDtaskは月1回までとなっている。

それなりのタイピング技術があれば、ABCDtaskの3000円というハードルは高くないと思うが、
タイピングが苦手な人にはそれなりのハードルになりそう。

個人的には、月3000円でも半年やればRealforce買えるよってタイパーに薦めたい
(普通の人なら半年もタイピングやったら、絶対に飽きます。)

それでは肝心のABCDtask10分間タイピングの結果はこちら

       ↓

20150105_10分間ABCDtask

入力数105
入力スコアは、14.24円分。
この10分間で累積ミスは88スコア伸びましたので、13.36円

ABCDtaskは、判定が遅いので、これから更に減点されると考えると、13円/10分とします。

前回の結果と比較すると、お財布タイピング時給51円、ABCDtask78円。

やはり打っていた感覚通り、ABCDtaskの方が現状は勝ちでしょうか。

ABCDtask ⇒ http://ycs.abcdtask.com/user

それでは。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL