タイピングが趣味のおはようのホームページ。"A GOGO"は、"~し放題"の意味。

スポンサードリンク


運指と漢字変換については、記事数を増やしたいと思っているおはようです。

「~かった」という言葉は結構日本語では頻出なんではないかと思います。
AKB48の名曲「会いたかった」をはじめ、「欲しかった」「見たかった」など動詞の後に続くパターンや、「買った」「勝った」などの動詞そのもののパターン、名詞「カッター」のパターンなど様々なケースが考えられます。

「かった」は標準運指では「81441」と入力しますが、敢えて「31771」を採用してみてはどうでしょうか?
(あまり深く考えて、これがいいという訳ではないです。)

標準運指から離れた運指にしていこうと考えたときに、Yを左手で取る、Tを右手で取るってのが重要なポイントになってくる気がします。

「かった」の場合
「か」を「ka」で取るか「ca」で取るかという問題
「った(tta)」を標準運指通り「441」と取るか今回提案の「771」と取るか。

いろいろな選択肢があると思います。

kaもcaも同じ速度で入力できると思いますが、その次のtに指が移るときに標準運指の場合、katよりもcatの方が遅いと感じます。(つまりcatと入力する際も317と入力選択するのが良い?)
ttaの入力については、どちらも同じ速度なのかなと思います。「771」と取ることで上述の遅くなる部分が解消されるのではないでしょうか?

「katta」の場合、右1左4の入力配分なのに対し、「catta(31771)」の場合、右2左3とやや左右の入力バランスも良い気がします。

どうでしょうか?


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット